2004.10.18

にょにょにょ

♪にょっにょっにょにょにょ

最近、このCMにはまっています。 かわいい。渡辺満里奈、 最近は姐御って感じだったけどまだまだアイドルじゃないですか。こういうのを萌えるというのだろうか・・・

 

楽天市場でお買い物

続きを読む "にょにょにょ" »

2004.10.13

宇宙戦艦ヤマト

台風がやってきたおかげで三連休はずっと家にました。 それで何をしていたかというとファミリー劇場で放送された「宇宙戦艦ヤマト」をずっと見ていたわけです。前回の「スケバン刑事」 につづき26話一挙放送です。

松本零士作品は結構好きだったのでいろいろと見ていたわけですが特に宇宙戦艦ヤマトシリーズは完結編まで見ていました。 しかしテレビシリーズ、特にシリーズの最初の作品となる「宇宙戦艦ヤマト」は裏番組が「アルプスの少女ハイジ」 だったこともあり、ほとんど見ていませんでした。映画となったときにカットされた話などは今までなぞだったわけです。 いまやっとそのすべてを見ることが出来ました。

ヤマトのイメージとして波動砲をバンバン撃ったり、 こっぴどくやられてボロボロになりながらも何とか生き延びていくというようなイメージだったのですが、波動砲はそんなに撃っていませんでしたね。

  • 木星の浮遊大陸を吹き飛ばした。
  • アルファ星のコロナを吹き飛ばした。
  • バラノドン特攻隊を吹き飛ばした。
  • バラン星の人口太陽を撃った。
  • ガミラス星の地下鉱脈を撃った。

「さらば宇宙戦艦ヤマト」みたいに一発で敵艦隊を殲滅というシーンはなかったのですね。意外でした。 ひどくボロボロにやられるのも

  • 冥王星戦線
  • 七色星団の攻防戦
  • ガミラス星決戦

ぐらい。映画ではこのシーンが中心に構成されているため、やられまくっているイメージがついたのかもしれません。

amazon.co.jpで購入できます。

続きを読む "宇宙戦艦ヤマト" »

2004.10.01

WOWOW: Mt. Fuji Jazz Festival 2004を放送

WX5 workbookさんの掲示版のKirinoさんの投稿により。

JazzLife 10月号によれば、11/9と11/10にWOWOWでMt. Fuji Jazz Festivalの模様を放送をするとのこと。同誌の記事は確認していませんが、WOWOW ONLINEの今後の放送予定に

■11月放送予定■
● WOWOW JAZZ FILE 100回放送記念 スーパースター競演!ジャズ伝説~from Mt. Fuji Jazz Festival 2004

とありました。WOWOW・・・視聴できませんがなっ。みたい・・・

JAZZ FILEを調べてみるとありました。

11月9日(火)・10日(水)午後11:50
1998年8月にスタート、ピーター・バラカンとWOWOW今村知子アナウンサーのコンビで、海外のトップ・ジャズ・アーティストの貴重なライブを数々お届けしてきたWOWOW JAZZ FILEが、この11月に100回目の放送を迎える。それを記念し、11月はスペシャルプログラムを2夜に渡ってオンエア。8月28日、29日に山梨県・富士急ハイランドコニファーフォレストで行われる国内最大級のジャズ・フェスティバル「マウント・フジ・ジャズ・フェスティバル2004」から、ジャズ/フュージョン界のスーパー・ユニットの熱気溢れるステージをお届けする。日野皓正クインテット、リー・リトナー・オールスターズ、ザ・クルセイダーズ、Mt.Fujiステップス・アヘッドの4グループを放送予定。

「1cm、2cm、3cm」は放送されないようです。

2004.09.21

NHK:東京 JAZZ 2004

生中継していたらしい。見逃した・・・・

キーワードを入力しておいたら関係ありそうな番組を勝手にメールでお知らせしてくれるサービスってないだろうか?衛星放送の番組なんかも込みで。教えて欲しい・・

「スケバン刑事」にはまる。

三連休、ケーブルテレビのチャンネルを適当に回していたらなんとファミリー劇場で斎藤由貴主演のスケバン刑事が放映されていました。

なつかしいっと思ってみていたのですが、一話が終わると又一話、とどんどん続きます。 十話ぐらい見たところでいつまでやるのだろうと思い番組表をチェックしたら最終話まで一挙放送だった。 このままでは一日が終わってしまうので泣く泣くビデオに録画。これから盛り上がるところだったのにな。後12話ぐらい残っているが、 いつ見られるだろうか。

その日は頭の中は「白い炎」がぐるんぐるん回っていました。新田一郎の音楽もかっこよかったな。

amazon.co.jpで購入できます。

続きを読む "「スケバン刑事」にはまる。" »

2004.09.06

NHK: 東京JAZZ Playback

深夜、NHKで東京JAZZ Playbackという番組が放送されていました。過去の東京JAZZからいくつかの映像をピックアップして放送されていましたが、もうすぐ行われる「 東京JAZZ 2004」のプロモーション番組でした。

映像は一曲丸ごと放送されることはなく、過去の出演者たちの演奏の一部を少しずつ放送するのでそれほど満足感は味わえないのですがなんとなく雰囲気は伝わってくるようでした。

さて、過去の東京JAZZに出演したMichael Breckerの映像はというと「Naima」のソロパフォーマンス部分が放送されていました。この一部分だけでも表現の凄さが垣間見えます。以前 ブルーノート東京で行われたマイケルブレッカーのサックスクリニックでも演奏していたような思いますがもしかしたら記憶違いかも。

CDでもMichael BreckerのNaimaのソロパフォーマンスを聞く事が出来ます。それは「 Directions in Music」というトリビュートアルバムですが、東京JAZZのユニットに近いものがあります。

ちなみに「Naima」はJAZZに詳しい方には説明するまでもありませんがJohn Coltraneという奏者のバラードで「 Giant Steps」に収録されています。たしかColtraneの最初の奥さんの名前です。


Amazon.co.jpで試聴・購入できます。

2004.06.09

ミスドのCMの娘って

ミスタードーナツのTVCFに出演している女の子ってどこかで見たよな~ってちょっと引っかかっていたのですがわかりました。「CCレモンイエイ!」の娘だったんですね。あぁすっきり。

彼女は相武紗季(あいぶさき)さん。
相武紗季 写真集「water piece」も出版されているようです。

2004.04.03

恋する惑星

Japan Music Blog開設記念企画 第6弾!/映画の中のunforgettable musicへのトラックバック。

ウォン・カーウェイ監督の「恋する惑星」はアジア映画に興味を持つきっかけとなった映画です。内容は2部構成になっていて、前半は金城武とブリジット・リン、後半はフェイ・ウォンとトニー・レオンの恋の物語です。ストーリーはいろいろなサイトで紹介されているので割愛させていただきます。この映画を雰囲気を十分に表しているのが主演のフェイ・ウォンが唄う「夢中人」です。この曲の持つポップで幸せな感じが客観的に見ると映画を見ている人を同じような気分にさせるのかも知れません。ほとんどストーカーな彼女がこのように愛らしく見えるのはなぜでしょうか。


恋する惑星 ― オリジナル・サウンドトラック

夢遊

ベスト・オブ・フェイ・ウォン

2004.04.02

Round Midnight

Japan Music Blog開設記念企画 第4弾!/favoriteな音楽映画へのトラックバック。

ちょうど受験で上京してきたときに、新宿の映画館でこの映画を見ました。客はまったくといって入っておらず、10人ぐらいだったと思います。興行としては失敗だったんだろうと思います。確かにストーリーはちょっとベタかもしれません。しかし主演のデクスター・ゴードンの立ち振る舞い、その口からこぼれるセリフはまさしくリアル・ジャズメンの言葉であり、どんなに素晴らしい俳優が演じてもかなわないオーラがあると思います。音楽はハービー・ハンコックが担当しています。
映画の後半、NYへ戻ってきた主人公が自分の娘に捧げる曲として演奏される曲が「チャンズ・ソング」です。この穏やかで優しいバラードは主人公の死後、エンディングでも演奏され映画の結末を悲しいものからおだやな感情へと変化させてくれます。この淋しくも穏やかな感情が私は好きです。

マイケル・ブレッカーがバラード集Nearness of Youをリリースしたとき、このチャンズ・ソングが含まれていました。個人的にかなりぐっと来ました。

ラウンド・ミッドナイト ― オリジナル・サウンドトラック

Michael Brecker / Nearness Of You: The Ballad Book

2004.03.08

午後の紅茶・世界味編

最近、テレビであややこと松浦亜弥が赤いドレスを着て歌い踊るCMが流れている。キリンビバレッジの午後の紅茶のCMだ。ベニーグッドマンの曲にのって軽やかに踊りつつも、周りの人に午後の紅茶をサーブするのはたいへんだったろうなぁ。とあややのことを書くつもりではない。

実はあややの後ろで楽しげにベースを演奏しているのはなんとジェームス・ジーナスである。ブレッカーブラザースの再結成時、またマイケルブレッカーバンドやいろいろなジャズシーンで活躍している彼だが、まさかこんなところで見るとは思わなかった。ジェームス・ジーナスはあややのことはどう思ったんだろうか?

ちなみに以前にもジェームス・ジーナスはCMにでたことがある。アサヒ黒生だ。
以前はアサヒで今度はキリン。今度はどこでお目にかかれるだろうか。

そういえば、もーっと昔、マイケルブレッカーもANAのCMに出演していたように思う。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

無料ブログはココログ