« 2005年1月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.24

Dreams / Imagine My Surprise [1971]

Dreams / Imagine My SurpriseBrecker Brothersの前身とも言われるDreams。その2枚目のアルバム。

アルバムデータ

  1. Calico Baby
  2. Why Can't I Find a Home
  3. Child of Wisdom
  4. Just Be Ourselves
  5. I Can't Hear You
  6. Here She Comes Now
  7. Don't Cry, My Lady
  8. Medicated Goo
  9. Imagine My Surprise

Michael Brecker: tenor saxophone, soprano saxophone
Randy Brecker: trumpet, flh
Barry Rogers: trombone
Robert Mann: guitar
Steve Cropper: guitar
Don Grolnick: keyboards
Will Lee: bass, vocal
Billy Cobham: drums
Edward Vernon: vocal
Toni Torrence: vocal

続きを読む "Dreams / Imagine My Surprise [1971]" »

Steven KhanのサイトでMichael Breckerソロ譜面

http://www.michaelbrecker.info/経由

ギタリストSteve KhanのオフィシャルサイトKhan's Korner 1でSteve Khan自身の採譜によるMichael Breckerのソロ譜面が掲載されています。

取り上げられているのは

Don Grolnick / Medianocheより

Steve Khan / Tightropeより

Mike Stern / Jigsawより

です。なぜかMedianocheからの取り上げが多いですね。

 

続きを読む "Steven KhanのサイトでMichael Breckerソロ譜面" »

2005.03.09

Don Grolnick Discography

Don Grolnickのリーダーアルバム+αです。

2005.03.08

Don Grolnick / The Complete Blue Note Recordings (1997)

The Complete Blue Note Recording

ブルーノートレーベルから発売されたドン・グロルニックの2枚のリーダーアルバム「Weaver of Dreams」と「Nighttown」を一タイトルとして再発売されたもの。現在はこちらが入手可能です。

アルバムデータ

 Disk 1

  1. Nothing Personal
  2. Taglioni
  3. Weaver of Dreams
  4. His Majesty the Baby
  5. I Want to Be Happy
  6. Persimmons
  7. Or Come Fog
  8. Five Bars

Disk 2

  1. Heart of Darkness
  2. What Is This Thing Called Love?
  3. One Bird, One Stone
  4. Nighttown
  5. Genie
  6. Spot That Man
  7. Cost of Living
  8. Blues for Pop

Don Grolnick: piano
Michael Brecker: tenor saxophone
Joe Lovano: tenor saxophone
Randy Brecker: trumpet
Bob Minzter: bass clarinet
Marty Ehrlich: bass clarinet
Barry Rogers: trumbone
Steve Turre: trombone
Dave Holland: bass
Peter Erskine: drums
Bill Stewart: drums

amazon.co.jpで調べる。

2005.03.06

Don Grolnick Group / The London Concert (2000)

The London Concert

Don Grolnickの没後にリリースされたアルバム。Blue Noteレーベルから発売された「Weaver of Dream」「Nighttown」 に続く内容です。Don Grolnickと多くの音楽活動を共有したPeter Erskineがプロデュースしています。

この残されたGrolnickのライブ音源ですが、やはりクオリティの高いものになっています。 彼名義のライブパフォーマンスは知っている限りあまりないので貴重ともいえるでしょう。彼のピアノの演奏はガツンと熱くなったり、 超絶テクニックを誇るようなものではありませんが美しさを感じさせます。バンドのサウンドはグロルニックらしいといえるもので、 オーケストレーションがそれを作っているのでしょう。熱い部分はMichael BreckerやPeter Erskineが担当。

What Is This Thing Called Loveのアレンジのセンス、各人の熱い演奏と非常によい作品です。

アルバムデータ

  1. Intro Applause
  2. Heart of Darkness
  3. Band Intro
  4. Or Come Fog
  5. Five Bars
  6. Spot That Man
  7. Don Alias Intro
  8. What Is This Thing Called Love

Don Grolnick: piano
Michael Brecker: tenor saxophone
Randy Brecker: trumpet
Marty Ehrlich: bass clarinet
Robin Eubanks: trombone
Peter Washington: bass
Peter Erskine: drums
Don Alias: percussion

amazon.co.jpで調べる。

2005.03.05

Don Grolnick / Medianoche (1995)

Medianoche

Don Grolnickが生前発表した最後のリーダーアルバム。

Don Grolnickが没したのが1996年の6月1日なのでこのアルバム録音当時も病に冒されていたことが想像されるが、それを感じさせないアルバムです。当時ラテン音楽に熱中していたこともあり、前作とは異なる趣をこの作品は持っています。ラテン音楽をベースにアレンジされており非常に爽やかな印象がありますが、しっかりグロルニックらしさが伝わってきます。

参加ミュージシャンはDon Grolnickの盟友とも言うべき名前がそろっていて、非常にクオリティの高い作品になっています。

アルバムデータ

  1. Catta
  2. Rainsville
  3. Water Babies
  4. Medianoche
  5. Cape Verdean Blues
  6. Heart of Darkness
  7. If Ever I Should Leave You
  8. Rojo y Negro
  9. Oran
  10. Night Song

Don Grolnick: piano
Michael Brecker: tenor saxophone
Dave Valentin: flute
Mike Mainieri: vibes
Andy Gonzalez: bass
Don Alias: timbales, percussion
Steve Berrios: bongs, drums, percussion
Milton Cardona: congas, percussion

amazon.co.jpで調べる。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年4月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ