« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004.08.30

Mt Fuji STEPS AHEAD / Live リポート

Mt. Fuji Jazz Festivalのために再結成された1986年ごろのSteps Aheadのライブでしたが、私としては非常に満足なライブでした。

当日は台風16号の影響で気温も低く雨の続く悪天候でした。やはりというか会場は結構ガラガラの状態。先のベン・E・キングのスタンドバイミーを聴いて帰るお客さんもいらっしゃいました。いくら準備をしていったからといっても雨がすっかり体を冷やしてしまっています。しかし今回のライブの目的はSteps Ahead! ここでへこたれている場合じゃあ、ありません。

ステージにはセッティング中にもかかわらず、すでに出演者が出てきて音出しをしたりなどしています。そこでMichael Breckerが手にしていたもの、それは紛れもなくNyle Steinerの新型、MIDI-EWIです。以前Nyle Steinerに会った時に写真を見せてもらい、話を聴いたのですが実際に観客を前に演奏されるのは初めてではないでしょうか。このとき今日は 1986のライブの再演になるのではと確信しました。EWIの音色、Adam Holzmanがうっかり弾いてしまったフレーズ。一曲目は「Beirut」でしょう。間違いない!

演奏が始まりました。あぁぁ、Beirutです。もう見ることの出来ないと思っていたバンドが当時の姿で蘇ります。みんな容姿は変化していても演奏は少しも衰えていない、もしくはそれ以上です。Oops、Self Portraitと馴染みの曲が続きます。Daryl JonesのBassパフォーマンスの後、今度はSafariです。感激してちょっと涙がでそうです。全編エレクトリックかとも思われましたがここで記念すべき第一作から Don Grolnick作曲のPoolsです。少し落ち着いた雰囲気で演奏は進みますが最後のMichaelのアドリブで結局大盛り上がりで終了。そして舞台はMichael Breckerの久々に見るEWIパフォーマンス。第2期ブレッカーブラザースのライブ以来です。そして当然のごとくIn a Sentimental Moodへ。誰もが雨が降っていることを忘れていたでしょう。そしてついにTrains。1986年のライブと同じくMike Sternのギターのカッティングから始まります。鳥肌がたちます。Michael Breckerのソロのあと、Mike Sternの超ぶちぎれソロにやられてしまいます。そしてエンディング。全員がステージ前に並んで礼。舞台袖へと引き上げていきますが、鳴り止まない拍手。そしてアンコールは Smokin' In the PitからTee Bag。日本で生まれたStepsがSteps Aheadとなって世界を回り、最後に再び日本でStepsに戻る。そんな感想をもって聴いていたのですが再びMike SternがMichael Breckerとアドリブバトルを開始、最初テナーを演奏していたMichaelですが、すぐにEWIに持ち替え。熱いパフォーマンスを繰り広げるのですが、テーマに戻った瞬間「しまったっ」という表情。テナーに持ち替えられずそのままEWIでテーマを演奏しライブが終了しました。(例年のごとく花火がうちあげられた。)

今回のライブの全体的な印象です。Steve Gaddは最近のEric Claptonのツアーのライブを見ていたのですが今回ほどおお暴れしていませんでした。というより、まだこんなにパワフルな演奏ができるのか!と驚きです。デニスチェンバースのように叩きまくりです。4ビートの部分はあの懐かしいSteve Gaddのスウィングを聴くことが出来ました。Mike Mainieriは実際に生でライブを見るのは初めてでしたが、アルバムなどで聴かれる演奏とまったく遜色のない素晴らしい演奏でした。Adam Holzman、Mainieriが演奏していたシンセパートを引き受けて演奏したということですが、サポートのみでソロもないのはちょっとかわいそうでした。Daryl Jones、太ってる!しかし演奏はピカイチ。Mike Stern、全然かわっていない!1987年にMichael Breckerバンドで見たときのまま、そのまま。

そしてMichael Brecker。今回一番曲の進行を憶えていなかったのでは。しかし最近のBrecker Bandではあまり聴かなかった懐かしいフレーズも飛び出したりして非常に満足させられる演奏でした。バンドとしてはやはりリハーサル不足ということもあり、決めがバタバタだったり、進行がグレーだった部分もあったり、と後で聴き返すことができるならいまいちな部分も多かったと思われますが、それ以上にあのライブをほぼ同じメンバーでほぼ同じ構成で再度演奏してくれて、それを体感することが出来たということが非常にうれしかったです。ソロの順番まで同じだもんなー。

さて、今回Michael Breckerが使用したEWIは先にも書きましたがNyle Steinerの新型MIDI-EWIで、すでに彼のサイトでも発表されているMIDI-EVIの次世代モデルです。諸事情により、あまり詳しくは書けませんが、これがMichaelのMacのノートパソコンに接続され、ソフトシンセ、ソフトサンプラーを駆動しているようです。ノートパソコンの脇にはドライヤーがセッティングされ常にリップセンサーを乾燥させるようになっています。これはMichaelが AKAI professionalの量産型EWIを使用する以前にオリジナルのSteiner Hornの時もそうしており、そういう意味でもタイムスリップさせてくれました。さてこの新型EWIですが、機能はともかくデザインがいまいちなのは間違いない。と思うのですがどうでしょうか。

ライブ・データ

SUBARU Mt. Fuji Jazz Festival
日時:2004年8月29日、18:20頃~20:00頃
場所:富士急ハイランド・コニファーフォレスト

出演:

  • Michael Brecker: tenor saxophone, EWI
  • Mike Stern: guitar
  • Mike Mainieri: vibes
  • Daryl Jones: bass
  • Steve Gadd: drums
  • Adam Holzman: keyboards

曲目:

  1. Beirut
  2. Oops
  3. Self Portrait
  4. Bass Solo
  5. Safari
  6. Pools
  7. EWI Solo
  8. In a Sentimental Mood
  9. Trains
  10. Tee Bag(アンコール)

参考アルバム:

続きを読む "Mt Fuji STEPS AHEAD / Live リポート" »

2004.08.19

Mt. Fuji STEPS AHEAD情報追加。

先のエントリ takeshiさんがコメントをくれました。

Michael Breckerの公式サイトのTour datesの情報では,Adam Holzmanも一緒に来るようですよ.

うーむ、これは予想外の展開、アコースティックなSTEPS AHEADなのか・・・。そこでAdam Holzmanのオフィシャルサイトへ行ってみました。STEPS AHEADに関する記事を引用します。

Adam will be playing a special Steps Ahead reunion concert at the Mt. Fuji Festival in Japan on August 29th. The band will feature Michael Brecker, Mike Mainieri, Mike Stern, Darryl Jones and Steve Gadd. This is the mid-80's version of Steps Ahead, with the exception of Gadd who only played on the band's earlier Japanese recordings. Adam was hired by Brecker and Mainieri to help "fill out the sound", mostly covering synth parts, etc. Adam is excited to play the classic Steps Ahead tunes, and is thrilled to be playing with these guys! Keep posted for a full report...

これによるとブレッカーとマイニエリにシンセパートなどのカバーをして「サウンドを補って欲しい」と頼まれたということのようです。 これからは予想ですが、Mt. Fujiで演奏されるスタイルはSmokin' in the PitのようなアコースティックなStepサウンドではなくやはり、Pools~Live in Tokyo 1986のSteps Aheadになるでしょう。うーん、盛り上がってきました!

もうすぐMt. Fuji Jazz Festival! Steps Aheadの予習はこれで!

いよいよ、Mt. Fuji Jazz Festivalですね。私のお目当てはSTEPS AHEADの再結成です。いまからどんなステージになるのか楽しみなのですが、内容を予想しつつ、STEPS AHEADを知らない方のために予習できるCDをチョイスしてみます。

STEPS AHEADで非常に気になるのはアコースティックで来るのか、エレクトリックで来るのかという点にあります。今回のメンバーは

  • Michael Brecker
  • Mike Mainieri
  • Mike Stern
  • Darryl Jones
  • Steve Gadd

です。ここで注目したいのはピアニストがいないこと、そしてギタリストのマイク・スターンが参加していることです。STEPS AHEADでアコースティックを演奏する場合、これまではピアニストが参加しています。しかし今回はいない。集められたメンバーを見てもLive 1986の再演を目論んでいるのではないか、と思われます。

そういうわけで次のアルバムは必聴でしょう。


STEPS AHEAD Live in Tokyo 1986

予想が外れてアコースティックだった場合は


STEPS AHEAD

かな~。アコースティックな場合、ライブ音源が多いのでそれらを聴いてもよし。あと、Don GrolnickやBob Bergの追悼曲も含まれるかもしれません。

今回のもうひとつの注目点はMichael BreckerがEWIを演奏するのがどうか?という点ですが全然情報がないのでわかりません。昨年のBrecker Brosでも演奏しなかったので演奏する可能性は少ないかなぁと思っています。
しかし可能性はゼロではありませんので期待して待ちましょう。EWIを使用する場合、そのソロパフォーマンスにも注目です。

Steve GaddはずっとEric Claptonのツアーで演奏しているので最近の演奏も聴いてはいたのですが、Jazzを演奏しているのも聴きたいな。

2004.08.17

もうすぐRally Japan! 8/29 PEUGEOT WRC EXPERIENCE

9/3~9/5 世界ラリー選手権第11戦「ラリー・ジャパン」が北海道で開催されます。これに先駆けて8/29に横浜みなとみらい地区にて「PEUGEOT WRC EXPERIENCE」が開催されます。当日はプジョー2004WRCチームのグロンホルムやロベンパラがやってきて、インタビュー&サイン会、特設コースでのデモ走行、さらに抽選で同乗走行も予定されているとこのとです。

残念ながら当日はMt Fuji Jazz Festivalと重なっているので行けませんが307WRCを拝むことのできるいい機会だと思います。

http://www.peugeot.co.jp/discover/event/wrc_exp.html

プリンタを買い換えました。

結局、プリンタを買い換えることになった。同時期に購入したSCSIのスキャナも古くなっていたのでこの際、複合機を購入することにした。

購入したのはEPSONのPM-A850。こいつはなかなか優れものだと思う。プリンター、スキャナ、 カラーコピーの3役というのは当たり前だがそれ以外にも面白い機能があった。

マルチメディアカードインターフェース機能
ドライバをインストールすればプリンタのメモリカードスロットをPCからアクセスできる。xDピクチャカード、SmartMedia、 Memory Stick、SDカード、Compact Flashに対応しているのでたいていのメモリカードなら利用できる。
Scan To Memory機能
プリンタはネットワークで簡単に共有できるがスキャナはできない。そんな場合、 接続されているコンピュータでスキャナを使用しなければならないが、Scan To Memory機能を使えばメモリカードにスキャンしたデータを保存できる。このメモリカードを直接別のPCで読み込めば楽チンかも。
Memory Backup機能
プリンタに接続したUSB MOやCD-Rドライブにメモリカードの内容をバックアップできる。 バックアップしたデータはメモリカードと同様に印刷できるので本当にPCいらずだ。 ただこの機能は対応したドライブを持っていないのでカタログ上の機能でしかない。けれど便利そうだ。

フィルムからも直接スキャンできるし、印刷結果も以前使用していたプリンタより数段上だ。 PCに接続しなくてもカラー液晶ディスプレイがついているので画像を見ながら印刷することができる。印刷時の音も静かになった。これはいい。

もちろん、よい点ばかりではないので今気になる点をすこし。

  • 印刷スピードが遅い。
  • 大量に印刷する場合、インクが乾ききる前に用紙が重なるので気になる。24時間乾かさないといけないらしい。
  • 電源などボタンの反応が遅い。いらいらする。
  • ユーザインタフェースがいまいちこなれていない。
  • プリンタヘッドが交換できない。
  • インクの値段が高い(前機種に比べ)。

しかし、今のところ満足している。最高の機能が欲しい人はそれぞれ専用機を購入すればよいと思うが、 そうでなければ単体でもいろいろできるのでお勧めだと思う。


エプソン インクジェットプリンタPM-A850

続きを読む "プリンタを買い換えました。" »

2004.08.16

再放送・マイケル・ブレッカー・クインデクテット

8/18 23:00~0:30 NHK衛星第二
マイケル・ブレッカー・クインデクテット - ~東京・青山ブルーノート
以前、BSハイビジョンで放送されたライブがNHK衛星第二で放映されます。
見逃した人は要チェックでしょう!!!

2004.08.09

プリンタが壊れました。

長い間使用していたプリンタ Cannon BJ F600が壊れました。

どうやら、インク切れを起こしていた部分が詰まったようです。インクタンクを新しいものに交換しましたが、 カートリッジを認識してくれません。

BC-31e カラー ヘッド・インクセットキャノンはヘッドがカートリッジについているのでこれを購入すれば多分直ると思うのですが、 ひょっとすると他のヘッドもだめになっている可能性も捨てきれません。 すでに新しいインクタンクで散財してしまったのでこれ以上無駄に投資をしたくないですし、 多分修理に持ち込んだら修理料金もそれなりにかかります。

となると、新しいプリンタに買い換えるという選択もありかな~というプリンタメーカの戦略にまんまとはまっているような気分になりました。

続きを読む "プリンタが壊れました。" »

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ