« Spirits of The Rallyが横浜赤レンガ倉庫で開催(2) | トップページ | プリンタが壊れました。 »

2004.07.28

Don Grolnick / Weaver of Dreams (1990)

Weaver of Dreams

Don Grolnickの2枚目のアルバム。Hearts And Numbersに比較してJazz色の濃いアルバムになっているのはブルーノートレーベルでのリリースだからであろうか。Michael Brecker, Randy Brecker, Bob Mintzer, Barry Rogersという4管編成をGrolnickがどうアレンジしているのかというのが一つの聴き所かと思われる。

<1>Michael Breckerのリーダーアルバムでおなじみとなったマイナーブルースを基調としたGrolnickのオリジナル。テーマ部はBob Mintzerのバスクラリネット、アドリブ部分はよりブルースを意識した構成でMichael Brekcerとの違いを出している。ソロはDon GrolnickとRandy Brecker。
<2>は4管のオーケストレーションをメインにした叙情的で混沌とした曲。Michael BreckerがSong For Barryで追悼したBarry Rogersのソロを聴くことができる。
<3>タイトル曲にもなったスタンダード曲。ピアノトリオ編成で構成もシンプル。リラックスした演奏がうかがえる。
<4>どことなく和風な感じのする曲だがStepsのグロルニックの曲を彷彿とさせる。ソロはBarry Rogers。
<5>やっとMichael Breckerのソロが登場。アップテンポの曲をさらりと演奏している。
<6>Randy Breckerをフィーチャーしたバラード。こちらはHearts And Numbers風の美しい曲。Randyの音色が泣ける。Grolnickの繊細な演奏も美しい。
<7>2管のクインテット編成の曲。ソロはGrolnick、Randy、Michael。ライブ版でも演奏されている。
<8>スローバラード。Bob Minzterのバスクラリネットのソロを聞くことができる。この曲もライブ版でも演奏されている。この曲でもMichael Breckerのソロも美しい。

現在はThe Complete Blue Note Recordingsというアルバムで、次ぎのアルバムとセットで入手可能。

アルバムデータ

  1. Nothing Personal
  2. Taglioni
  3. Weaver of Dreams
  4. His Majesty the Bady
  5. I Want to Be Happy
  6. Persimmons
  7. Or Come Fog
  8. Five Bars

Don Grolnick : piano
Michael Brecker : tenor saxophone
Randy Brecker : trumpet
Bob Minzter : bass clarinet
Barry Rogers : trumbone
Dave Holland : bass
Peter Erskine : drums

amazon.co.jpで調べる。

« Spirits of The Rallyが横浜赤レンガ倉庫で開催(2) | トップページ | プリンタが壊れました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7658/1385451

この記事へのトラックバック一覧です: Don Grolnick / Weaver of Dreams (1990):

« Spirits of The Rallyが横浜赤レンガ倉庫で開催(2) | トップページ | プリンタが壊れました。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ