« Don Grolnick / Hearts and Numbers (1985) | トップページ | やっべー「木村拓哉」だってよ。 »

2004.06.07

電車男

電車男 - あちらこちらのブログでお祭り状態で取り上げられているこの出来事。私は「週刊!木村剛」経由「くりおね あくえりあむ」の「 電車男と夫婦の会話」で知りました。

正直、面白かった。一気に読みきってしまった。泣いたりはしなかったけれど。だいぶ自分の中で盛り上がってしまい、2日ほどたって少々冷静になったのでちょっとコメント。

私としては他人の恋愛を覗いているような感覚を憶えた。というより野次馬に近い。

恋愛相談なんて相談者に対して彼(彼女)の先輩や同僚、普段遊んでいる仲間などが背中を押してくれたり、忠告してくれたりするものだと思う。飲み会の席なんかでそんな話が出た場合には「おまえ今から電話しろー」「俺にも話させろー」みたいなノリになる。電車男の場合、その相談先が悪名高き「2ちゃんねる」であった、しかも交際まで成功した!というところでこの事件は注目を集めたのだろう。そうでなければ、ごく普通のことのような気がしてきた。それとももう匿名でないとこんなことは相談できない世間になってきたのだろうか。しかしその後の展開はすごい。それは電車男と呼ばれる人間が頑張ったからに違いなくそれはそれでヨカッタネとおもいます。とはいっても女性が数段上手ですな。

« Don Grolnick / Hearts and Numbers (1985) | トップページ | やっべー「木村拓哉」だってよ。 »

コメント

cobitoさん、はじめまして。くりおねと申します。
トラックバックをありがとうございました。
とうとう木村さんも電車男を読み(←読ませようとしたくせにW)アポに遅れそうになるくらいはまってくださったようです。
感想は人により様々だと思いますが、こうして人から人へ伝わっていくというのはやっぱりそのお話に力があるからなんだと思います。それがネット経由というのが現代ならでは、というところでしょうか。

くりおねさん、初めまして。
やはり、木村さんにかまをかけましたね。そうじゃないかと思っていましたが。そんなところ、エルメスさんと同じく、
女性は上手いな~なんて思ってしまいます:)
実は電車さんに限らず、みんな力を持っているのだけれど一歩を踏み出すかどうか、というところに違いがあるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7658/1385412

この記事へのトラックバック一覧です: 電車男:

» 電車男… 一応書いとく [noppo's blog]
いろんなとこで取り沙汰されている、電車男熟読中。昨日から少しずつ読んでます。まだまだ続くので、今日もこちらの更新は出来なそう。 ああ、面白い。 (このent... [続きを読む]

» 電車男 [3106.org]
BIGLOBEの友達の薦めで、最近話題の2chから生まれた感動ストーリーこと、電車男をダーッと一気に読破。いやぁ、とても掲示板からうまれた話とは思えないほどよか... [続きを読む]

» 電車男 [Bamboocity]
このような感動的なラブストーリーが2chという掲示板から生まれただなんてビックリです。 200万部突破した変な恋愛小説よりもGoodに感じました。... [続きを読む]

» 「サンデー毎日」と「電車男」と「週刊!木村剛」 [くりおね あくえりあむ]
7月に入って、あのネット伝説「電車男」のことがあちこちの雑誌媒体で取り上げられて [続きを読む]

« Don Grolnick / Hearts and Numbers (1985) | トップページ | やっべー「木村拓哉」だってよ。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ