« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004.06.30

Select Live Saxophone Workshop (1989)

前回のHearts and Numbersから間が開いてしまったがDon Grolnickの指揮によるライブアルバムを紹介しようと思う。

1989年によみうりランドEASTで行われた「Select Live Under The Sky '89」の目玉企画の全曲を録音したアルバム。個性派の4人のテナーサックス奏者によるバトル・セッションであるがこれがただのジャムセッションで終わっていないところにそれぞれのサックス奏者の力量とそれを纏め上げたドン・グロルニックのアレンジの冴えを感じずにはいられない。

<1>はジョージ・ラッセルの作品でブルース形式の曲。ファンファーレの後、マイケルの力強いベースラインで曲が幕を開ける。ビル・エヴァンス~スタンリー・タレンタイン、マイケル・ブレッカー~アーニー・ワッツと4人のアドリブが順に繰り広げられる。ここでは大御所タレンタインのソロがすばらしい。
<2>Hearts and NumbersSteps Aheadにも録音されているThe Four SleepersとPoolsのメドレー。やはりグロルニック・チューンは美しい。ここではエヴァンスのリリカルなソプラノサックスが非常にマッチしている。そしてアーニー・ワッツのソロも非常にキャッチーでかっこよい。PoolsはSteps Aheadのそれと同じ。ソロはエヴァンスとタレンタイン。ただ少々消化不良にも聞こえる。最後にマイケルが締めて終了。
<3>Wayne Shorterの作品。エヴァンスとワッツがフィーチャーされている。後にMedianocheでも取り上げられているのでグロルニックはこの曲がすきなのかもしれない。
<4>Steps時代にSmokin' In the Pitでも取り上げられていたスタンダードナンバー。マイケルとタレンタインがフィーチャー。こういう曲はタレンタインのお手の物だと思うがマイケルもなかなかである。
<5>デューク・エリントンの超有名な曲。最後の曲ということもあり、超盛り上がる。エヴァンス>ワッツ>マイケル>タレンタインの順でアドリブがぐるぐると廻って演奏されていくのだが各サックス奏者が周回を重ねる毎にエキサイティングしていくのがわかる。タレンタインも若手に比べて少々地味に聞こえるがいいソロを取っている。4バースでマイケル>ワッツ>エヴァンス>タレンタインの順に変わってしまうがもうはじける寸前だ。とくにエヴァンス。
<6>アンコールとして演奏された。倍のテンポで演奏されたこの曲は結構スピード感あふれる演奏となった。後半でサックス4人での無伴奏でのアドリブが非常にかっこよく、その後後テーマとなるがその熱さを保ったままエンディングに突入。観客も大興奮で私も超混みこみの帰りの京王線の中でその日のライブを振り返ったことを思い出す。

メンバーのうち、ドラムがマイケルのレギュラーバンドのナスバウム、ピアノも旧知のグロルニックということも合ってがマイケルのアドリブパートが妙に盛り上がっているように思える。

このライブを生で聴けたことが本当によかったと思えるが、CDとして繰り返し楽しめるのは本当にありがたい。
この後、Live Under The SkyやMt. Fuji Jazz Fesstivalなど大きなジャズフェスはバブルがはじけてやらなくなってしまった(Mt. Fuji Jazz Fesstivalは復活したが規模は以前より小さい)。Live Under The Skyはぜひとも復活してほしいJazz Fesである。

さてこのアルバムは残念ながら廃盤のようで入手は難しいと思われる。

アルバムデータ

  1. Stratus Funk
  2. The Four Sleepers / Pools
  3. Water Babies
  4. Lover Man
  5. It Don't Mean a Thing
  6. You Don't Know What Love Is

Michael Brecker : tenor saxophone
Bill Evans : tenor and soprano saxophones
Stanley Turrentine : tenor saxophone
Ernie Watts : tenor and alto saxophones
Don Grolnick : piano
Yoshio "Chin" Suzuki : bass
Adam Nussbaum : drums

2004.06.29

Google Page Rankを調べてみた・・・

この「日曜日は楽しいドライブ」は今のところ100~200ページビュウ/日である。そんなことで細々とやっているわけです。
さて、takerattaさんの「GoogleのPageRankが、4/10にあがった…」に触発されてこのサイトのPage Rankを調べてみることにしました。といってもOperaを使っているのでGoogle Toolbarとか入れたくないので何か良い方法がないかな?と調べていたらありました。

Prog - Page Rank Search Engine

このサイトでドメイン名を打ち込んで調べてみました。

http://cobito.tea-nifty.com/ → 3/10
http://cobito.tea-nifty.com/bleu/ → 4/10

ページによって多少異なりますね。

ちなみにSu-Juneさんのページ内リンクを調べてみると・・

 http://cobito.tea-nifty.com/bleu/ には、リンクが 165 件あります。その内、内部リンクが 75 件、外部リンクが 90 件です。

 http://cobito.tea-nifty.com/bleu/ が自分のページの場合、リンクが多すぎますのでリンクを分割しましょう。http://cobito.tea-nifty.com/bleu/ に相互リンクを依頼しようとしている場合は、相互リンクの効果は薄そうですのでよく考えてから依頼しましょう。

だそうです。「リンク(&トラックバック)がブログの命じゃー」などと吠えてもどうしようもありません。そのうちサーチエンジンのアルゴリズムが変わって、うちみたいなどうでもいいブログはヒットしにくくなるかもしれません。

ところで、takerattaさんのところの記事のタイトルは「・・・」がつくのが多いですね・・・ :-)


Google関連書籍を見る。

2004.06.24

SIDE STEPS 岩井弘一さんのブログ

現在日本発のプログレッシブ・フュージョンバンドSide Stepsで活躍していらっしゃる岩井弘一氏がブログを始めた模様です。同氏はYEBISでもいっしょに活動していたスゴ腕ベーシストでもあります。発見した記念にトラックバックを送っておきます。&勝手にBLOGリストに追加しちゃいました。問題あったら言ってください>岩井氏。

Side Steps
Out-And-Out
Steps on Edge

2004.06.23

NHK BS2で『東京JAZZ PLAY BACK』が放送

特集番組『東京JAZZ PLAY BACK』 6月26日(土)15:30~ NHK BS2でOA!!

東京JAZZ

そういえば東京JAZZ 2002のチケットを取ったまでは良かったが、前日からカミさんと喧嘩してすっかりイベントのことを忘れて聴きにいけなかったことがあったな・・・

2004.06.22

「データ隠し」半ば認める 出生率公表で厚労相

Sankei Web 「データ隠し」半ば認める 出生率公表で厚労相

坂口力厚生労働相は22日午前の閣議後会見で、2003年の合計特殊出生率の公表が年金制度改革関連法の成立後になったことに関して「今後はできれば国会の状況がどうであろうとできるだけ早く内容を整え、公表すべきものは公表することが大事だ」として、国会の審議状況を考慮しての対応だったことを半ば認める発言をした。

隠したのは政治家か官僚かそれとも両方か?

2004.06.21

佐智子のケータイ日記(こうさぎ)

あまり知られていた国分佐智子さんのDeepさんのDeepさんのブログ、佐智子のケータイ日記が公開されていないようですが、ワンダフル!などに出演しています。
もともと有料ページらしいのですが、ワンダフル!などに出演していた国分佐智子さんのDeepさんのDeepさんのブログ、佐智子のケータイ日記が公開されていた国分佐智子さんのBlogPetこうさぎ」を表示するには、最新の

*このエントリは、こうさぎの「Minh」が書きました。

2004.06.16

Mt. Fuji Jazz Fessival'04にSTEPS AHEADが出演

Mt. FUJI JAZZ FESTIVAL'04になんとSTEPS AHEADが出演予定です。
現在の所、8月29日(日)に出演予定。

さて気になるメンバーですがe+によると

【8/29】Mt.Fuji AOR Dream Band<Robbie Dupree/David Sancious/Rick Chudacoff/Peter Bunetta/T.B.A.>/Mt. Fuji Steps Ahead!<Steve Gadd/Michael Brecker/Mike Mainieri/Darryl Jones/Mike Stern>/他

とのこと。オイオイ、Steve Smithが初代ドラマーSteve Gaddになっただけで1986年のライブ録音と同じメンバーじゃないですかっ!ぬぉー、行きたいぞ。どんな演奏になるんだろう。
チケットの発売は6/26。

マイケルブレッカーマイクスターンのツアー予定にはまだ記載されていませんね。

関連:Takeshi INABA's Weblog page

2004.06.15

横浜赤レンガ倉庫でプジョー307CC展示

6月12日、横浜赤レンガ倉庫にプジョー307CCが4台と206CCが4台、あわせて8台のCCモデルが展示されました。

第12回フランス映画祭横浜2004のPRも兼ねての展示のようです。

天気もよく、さながらプジョーの撮影会の様相を呈していました。とくにプジョーやブルーライオンの人が配置されているというような感じもなく、みな自由に乗り降りしたり、写真をとったりとプジョーとのふれあいを楽しんでいるようでした。

307CCはS16も展示されていました。MTのコクピットはこんな感じでした。

見れば見るほどそのスタイルのよさに惚れ惚れしてしまいました。
やはり後部座席の頭のクリアランスはまったくありませんでした。

2004.06.11

佐智子のケータイ日記

あまり知られていないようですが、ワンダフル!などに出演していた国分佐智子さんのブログ、佐智子のケータイ日記が公開されています。もともと有料ページらしいのですが、期間限定で無料公開中!

国分佐智子さんの写真集。

2004.06.10

トラックバックを打ちまくる

随分といろいろなブログを見るようになったけれど、音楽CDのレビューって結構多い。そして音楽家のブログも多い。自分はマイケル・ブレッカーが好きだし、ブレッカー関係のCDレビューがほとんど。一応、マイケル・ブレッカーのリーダーアルバム級の紹介は終わったのでそれ以外の参加アルバムなどを取り上げてくんですが、同時にブレッカーのCDを紹介しているブログなどにもバンバンとトラックバックを打っていきます(すでに打っていますけど)。
あと、ブレッカーのCDのレビューを書いたら関連CDにもバンバントラックバックしていただけるとうれしいなぁ。と思っています。それでブレッカー情報のネットワークがつながっていろんな情報が共有できたらいいなぁと。トラックバックのエントリをみればいろいろな人の感想なども読めるし・・というわけで、このブログがブレッカー関係ブログのハブ的な存在になっていったらうれしなぁと思うのです。

もちろん、それだけではタマが足りないので今までどおりプジョーのこと、家のこと、木村剛さんのこと、毎日思うこと、だらだらとエントリします。

Blog Pet こうさぎ

DeepさんのBlogに「Blog Pet こうさぎ」が飼われはじめた模様。面白そうなのでこちらでも試して見ます。

まず、サイトをごらんの方々へ。

「Blog Pet こうさぎ」を表示するには、最新の「Macromedia Flash Player」のプラグインが必要です。 お使いのブラウザにMacromedia Flash Player 7がインストールされていない場合は、下記のURLから最新版のMacromedia Flash Playerをダウンロードして下さい。

Macromedia Flash Playerダウンロードサイト

ということなので表示されないなという方はインストールしてください。

設置したい方へ。

ココログでの設定は
観測気球」の「こうさぎ設置」を参考にしました。その部分を以下に引用します。

XML-RPCの設定方法 (「ココログ」の場合)
  • Blogのmt-xmlrpc.cgiのURL
    要するに、「XML-RPC API エンドポイント URL」を指定します。ココログの場合は
          http://app.cocolog-nifty.com/t/api
    です。
  • BlogID
    トップページの HTML ソースの頭の方にある
          <link rel="EditURI" …
    という行の終わりの方にある
          … href="http://app.cocolog-nifty.com/t/rsd/数字" />
    の「数字」が BlogID になります。

ハーボットやらバナー広告やらでページが重くなってしまいました。

2004.06.09

ミスドのCMの娘って

ミスタードーナツのTVCFに出演している女の子ってどこかで見たよな~ってちょっと引っかかっていたのですがわかりました。「CCレモンイエイ!」の娘だったんですね。あぁすっきり。

彼女は相武紗季(あいぶさき)さん。
相武紗季 写真集「water piece」も出版されているようです。

2004.06.07

やっべー「木村拓哉」だってよ。

SMAP占いの結果です。

cobitoさんは 木村拓哉 です!

● 木村拓哉さんは、ちょっぴり頑固で、とても意志の強い人。いったん決めたことは、最後までやり遂げなければ気がすまないタイプでしょう。途中でどんな困難に陥っても、自分の中から困難を乗り越える力と勇気を引き出し、ゴールまで頑張り抜きます。それはとても素晴らしいことなのですが、なんでも一人でやろうとするのはちょっと考えもの。時には周囲の意見やアドバイスにも、耳を傾けてみて下さい。あなたのために言ってくれている言葉を、真摯に受け止めることができれば、あなたはさらに輝くことができるでしょう。恋愛面でも、あなた一人がどんどんリードするよりは、二人の歩調を確認しながら進んでみて。二人の絆がさらに深まるはずです。

● cobitoさんの生き別れた双子の兄弟は、現在千島列島にいる模様です。

うーん、喜んでいいのかどうだかわからないけれど、わたしは「木村拓哉」何だそうです。キムタクファンから怒られそうですね。もう少し調べてみましょう。

cobitoさんは日本で【 2番目 】にモテるらしぃ!!

● あなたは日本で2番目にモテる人間です!! おっしぃ~~~~~!!!もっと胸張って生きてください。
ちなみに 1番目 アンパンマン(パン界の貴公子)
     3番目 松嶋奈々子(うばっちゃった♪な生茶さん)
     4番目 はなわ(ガッツ石松大好きです)

日本で何番目???より。さすがキムタク、日本で2番目にモテるそうです。もっと少し調べてみましょう。

cobitoさんって…【 シャネルの5番 】の香りがしますね☆

● 自分の香りがシャネルのあなたは、高貴で美しくまさに高嶺の花。しかしモテすぎて同性からの反感をかうこともあるでしょう。香水のつけすぎは迷惑なのと同じでアピールのしすぎも危険です!!「何かと鼻についてムカつく!」トイレの個室でそんな陰口を聞いたことはないですか?

● cobitoさんの開運物まねは、ターザンです!

☆気になる?あなたはどんな匂い!?占い☆より。モテすぎてムカつくらしいです。やっぱり木村拓哉だからでしょうか。さらに調べてみましょう。

cobitoさんは【 ロシア人 】です!

● ロシア人さんのあなたは、ものごとに積極的で、行動力のあるタイプです。人から頼られる事が多く、相談にのり世話を焼く親分肌な一面もあります。ただ、自分の意見の正しさを信じこんでいるので、他人の意見に耳を貸さないところがあります。人の話をよく聞いてみると、意外な活路が開けたりもするものですよ。

● cobitoさんの本当のお母さんは、現在、コロラド州をさまよい歩きながら、あなたの名前を叫んでいます。

あなたは本当は何人?より。なぬぅ、ロシア人だったのか・・道理で生き別れた双子の兄弟が千島列島にいるわけだ・・。もう少しこの点を掘り下げてみましょう。

cobitoさんがもし外国で生まれたときの名前【 ベイベー 】でした!なんという良い名前☆
● ベイベーさんのあなたは、誰とでも分けへだてなく付き合える、 フレンドリーなタイプです。極端に嫌われることは滅多にありません。努力することはあまり好きではなく、そのためなんとなく状況に 流されがちなところもありますが、敵を作らないので、結果的には 何とかしてしまったりもします。年下と付きあっても、主導権は相手に握らせます。あと、あなたは外国に生まれていたら、世界的な ユニークウーマンになっていたこと間違いなし!!

もし外国人だった時の名前占いより。ロシア人ですから名前は「ベイベー」なのでしょう。しかも女性らしいです。ますます気になります。

cobitoさんは【 金髪(かなりヤンキー?!) 】です!

● 金髪(かなりヤンキー?!)さんのあなたは、人のしないことをしたがるタイプ。次々に新しいことを考えつきますが、自分の考えに対して執着はないので、引き際も鮮やかすぎるくらい鮮やか。長期戦をやるよりも、集中して短期決戦を繰り返す方が、良い結果が出せるでしょう。好奇心が強いため、目先の快楽だけを追い求める快楽主義者的なところもあります。

あなたの髪の毛(色)占いより。なんと金髪のロシア人女性であることが判明しました。楽器なども演奏できるのでしょうか?

cobitoさんは【 オーボエ 】です!

● オーボエさんのあなたは、指先が器用な天才肌。たいていの事は平均以上にこなせますが、その器用さが、繊細な印象を与えることも…。普段はクールなほど落ち着いていますが、いったんはじけると暴走しがち。ついつい悪のりして、後になって後悔することも結構あります。才能に頼りすぎず、実直な努力ができれば、新しい展望が開けるでしょう。

● cobitoさんの来世は、野良犬です!

吹奏楽占いより。オーボエですって。しかも来世は野良犬・・
前世も調べてみましょう。

cobitoさんの前世は、 遣隋使 です!

● 新しいもの好きなのはそのせいです。今でも異国に惹かれるところはありませんか?
● cobitoさんの開運温泉は、別所温泉です(入浴剤も可)。

前世占いより。前世と来世がわかったところで寿命も調べてみましょう。

cobitoさんは【 誕生日 】死にます。

● あなたは誕生日に死にます。 原因は、恋人の作った誕生ケーキ。お腹を壊し、病院に運ばれた後、医療ミスで死亡します。

寿命占いより。たっ誕生日ですか。何回目なのかな・・・・。

ということで、cobitoは「金髪のロシア人女性で日本で2番目にモテるモテモテでシャネル#5の香りがする木村拓哉(本名はベイベー)であり、前世は遣隋使、誕生日に死亡し、野良犬に生まれ変わる」ことがわかりました。


さて、これらのサイトはすべてインスタント占いツクレールというサービスを利用して作成されています。このサービスを利用すればアイデア後はアイデア次第で面白い占いも作れるというわけ。なかなか、面白いサービスだな~と関心させられました。

Deep's Blog - あなたは本当はナニ人?
Black Pepper's Blog - SMAP占い

電車男

電車男 - あちらこちらのブログでお祭り状態で取り上げられているこの出来事。私は「週刊!木村剛」経由「くりおね あくえりあむ」の「 電車男と夫婦の会話」で知りました。

正直、面白かった。一気に読みきってしまった。泣いたりはしなかったけれど。だいぶ自分の中で盛り上がってしまい、2日ほどたって少々冷静になったのでちょっとコメント。

私としては他人の恋愛を覗いているような感覚を憶えた。というより野次馬に近い。

恋愛相談なんて相談者に対して彼(彼女)の先輩や同僚、普段遊んでいる仲間などが背中を押してくれたり、忠告してくれたりするものだと思う。飲み会の席なんかでそんな話が出た場合には「おまえ今から電話しろー」「俺にも話させろー」みたいなノリになる。電車男の場合、その相談先が悪名高き「2ちゃんねる」であった、しかも交際まで成功した!というところでこの事件は注目を集めたのだろう。そうでなければ、ごく普通のことのような気がしてきた。それとももう匿名でないとこんなことは相談できない世間になってきたのだろうか。しかしその後の展開はすごい。それは電車男と呼ばれる人間が頑張ったからに違いなくそれはそれでヨカッタネとおもいます。とはいっても女性が数段上手ですな。

2004.06.05

Don Grolnick / Hearts and Numbers (1985)

Hearts and Numbers


しばらく間が空きましたがマイケル・ブレッカーととても関係の深いドン・グロルニックのリーダーアルバムを紹介しようと思います。

ドン・グロルニックは非常に優れた音楽家です。残念ながら1996年に亡くなってしまいましたが、彼の演奏、作品は非常に繊細で美しい。それがぎゅっと込められているのがこのファーストアルバムだと思います。
ブレッカー・ブラザーズ、ステップスと活動してきた彼がついに自らの名で発表しました。また、「featuring Michael Brecker」となっており、マイケル・ブレッカーの隠れた名盤ともいえるものです。

各曲とも非常に美しいのですが個人的にはFour Sleepersなど好みです。またタイトル曲のHearts and Numbersもリリシズムあふれる曲です。Steps Aheadで演奏されたPoolsも再アレンジされて収録されています。

アルバムデータ

  1. Pointing at the Moon
  2. More Pointing
  3. Pools
  4. Regrets
  5. Four Sleepers
  6. Human Bites
  7. Act Natural
  8. Hearts and Numbers

Don Grolnick: piano, synthesizers
Michael Brecker: tenor saxophone
Clifford Carter: synthesizer programming
Will Lee: bass
Marcus Miller: bass
Tom Kennedy: acoustic bass
Bob Mann: guitar
Jeff Mironov: guitar
Hiram Bullock: guitar
Steve Jordan: drums
Peter Erskine: drums

amazon.co.jpで調べる。

非常に残念ですがドン・グロルニックのアルバムは入手しにくくなっているようです。

2004.06.04

他力本願(たりきほんがん)

木村剛さんの記事について、本筋とは少々離れたところで突っ込みを入れたいと思います。

に述べられているように、「他力本願という言葉は、他人任せという意味ではありません」。他力という漢字のイメージから誤解が広まったんだろうと容易に想像は出来ます。

大辞林によれば、

(1)〔仏〕 弥陀の本願の力に頼って成仏すること。
(2)他人の力に頼って事をなすこと。他人まかせにすること。

となっているので誤用が一般に認められているということなのでしょうが。

閑話休題。

我が家も新しく開発された住宅地に居を構えましたが、なかなか近所付き合いというものは難しいな、と思います。お子様のいる家庭が多いのでお子様を通じてコミュニティが形成されていっているように感じますが、子供のいない我が家ではなかなか接する機会も無く、すれ違いざまに挨拶する程度。これでは地域社会としてのセキュリティなんて望めませんよね。お互いのプライバシーという問題もあるし、つかづ離れずといい関係を作るのはむずかしいなぁと思います。まず、一番大事なお互いの顔を憶えることから始めたいと思っています。しかし数十戸のお宅の方の顔を覚えるのは大変です。ほとんど会わない方もいますし・・

世の中、自由になればなるほど不自由になっていくように感じています。

2004.06.03

Peugeot 407

NIKKEI NET C-Styleに早くもプジョー407のレポートが掲載されました。

407っていえばあの「顔」ですよね。なんていうか大口を開けて笑っているようで・・

同じく307cc記事もありました。

CarWorldの307ccの記事もどうぞ。

2004.06.01

かめはめ波~

一週間ほど日本を留守にしていたらやっぱり、北朝鮮拉致問題一色か~なんて思っていたらイラクでジャーナリストが殺害されたり、日本でアルカイダのメンバーが見つかったりと大変なことになってました。で、年金問題は?というとまだ未納問題がくすぶってますね。小泉さんの「墓参り」発言とか、坂口厚生労働大臣の未加入だとか、くだらないです。いつのまにか有事関連法案もとおっていたようです。

こんな浦島太郎状態ですが気が付いたら週刊!木村剛からかめはめ波を受けているじゃないですかっ!しかも思いっきり記事のイントロダクションに引用されてます。

今、思ったのですが、戦争の真実を伝えようとするジャーナリストはよくTVなどでも取り上げられるようですが、年金問題の真実を伝えるジャーナリストっていらっしゃるのでしょうか?

まずは週刊!木村剛の活動を応援します。

ところで、最近の日本はバッシングがひどいですね。なにか既得権益や今までの壁を打ち破ろうとする人を批判するとそれを支持する人から猛烈に非難される。
なぜ、拉致家族の方々が非難されるのだろう?と思ったりもします。
木村剛さんを批判する人が指示する方からバッシングを受けたりもするのでしょうか?意味のある討論ならよいのですが。

六本木ピットイン閉店へ

六本木ピットイン閉店へ

ライブハウス「六本木ピットイン」が今年7月末で閉店する。ジャズやロックなどの要素が融合したフュージョン音楽の殿堂としてブームを支えた同店は、1977年の開店以来、カシオペアやスクエアなど数多くの人気グループを輩出。坂本龍一さんらによるYMO結成の舞台ともなった。関係者からは名門ライブハウスの突然の幕引きを惜しむ声が上がっている。

う~ん残念ですが、経営者がそう判断したのなら仕方がないですね。
六ピで思い出されるのはLive Under The Sky '89(だったかな~)のとき、Select Clubということで六ピでもライブが行われたのですが、Don't Try This at Homeをリリースした後のマイケルブレッカーバンドを聴きに行きました。懐かしいです。実は一度だけ六ピのステージで演奏したこともあるんです。とはいっても貸切のライブにゲストで参加しただけなのですが。

さて、ブレッカーとピットインといえばこれしかないでしょう。

そう、Smokin' in the Pitです。まさにFusion Musicのオールスターバンドが新たなコンセプトでジャズる、その最初の録音が六本木ピットインといクラブで行われたのも今思うと感慨深いですネ。

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ