« ファイル救出大作戦 from NTFS | トップページ | リモートでWindows XPをシャットダウン »

2004.05.05

リモートデスクトップ接続

さて、懸案のWindows XPのリモートデスクトップ接続を利用してみた。さすがに画面の更新などは突っかかる。実際、背景のビットマップなどを表示させる設定にすると時々凄く重くなる。LANで直結しているのにこの程度なので本当に外部からリモート接続したらどうなるだろう?設定を56Kモデム以下であればまあまあつかえそうだ。うまく負荷分散させれば良いのかな。

リモートデスクトップ接続でこれは便利と思ったのは(リモートデスクトップ接続自体便利なのだか)接続先と共有されていること。こちらでクリップボートにコピーしたデータが接続先に貼り付けることができる。またその逆もできる。ファイルもクリップボード経由で接続先にコピーできる。これは逆は無理なようだ。
ファイル操作に関してはクライアントのディスクドライブをすべで接続先に共有接続させることができるので省いているのかもしれない。

いずれにせよ、これで妻の機嫌を損ねる回数が減らせるかもしれない:P。

参考:

« ファイル救出大作戦 from NTFS | トップページ | リモートでWindows XPをシャットダウン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7658/1385393

この記事へのトラックバック一覧です: リモートデスクトップ接続:

« ファイル救出大作戦 from NTFS | トップページ | リモートでWindows XPをシャットダウン »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ