« ゆえあって・・・ | トップページ | リモートデスクトップ接続 »

2004.05.04

ファイル救出大作戦 from NTFS

連休初日にハードディスクが壊れました。しかも一番大事なマスタブートレコードが・・・
今回はデータがとんだのではなく、物理的破損。一日中リトライをかけてもとうとう読み込みませんでした。
当然データも回収不能。泣けます。二つ接続していたハードディスクはどちらもNTFSでフォーマットしておりました。

生き残った2台目のハードディスクを起動ディスク復旧しようと思ったのですがしてにする必要があるのですが、OSをインストールするには「フォーマットが必要です」と最悪な状態。このままインストールすれば、生き残っていた2台目のハードディスクのデータまで「さよなら」になりかねません。

解決案その1
もう一台ハードディスクを買ってそちらにOSをインストール。

お金がかかりますので却下。

解決案その2
旧Windows98マシンにNTFSを読み込むソフトをインストールしてデータを取り出す。

Windows98マシンが古すぎてハードディスクを認識できません。却下。

で、実際の復帰方法

  1. Windows98マシンにインストールされている3台のハードディスクのうち一台を何とか空にする。
  2. そのハードディスクを新しいPCの第一ドライブとして接続。
  3. その第一ドライブにWindows98をインストール。
  4. ネットワークの設定をして旧Windows98マシンと妻のノートパソコンに接続。
  5. NTFS Readerをダウンロードし、これを使用してNTFSからデータを吸出し、妻のPCと旧Windows98マシンへ退避。
  6. 第一ドライブと第二ドライブを入れ替えて、新第一ドライブにOSをインストール。
  7. 退避したデータを第一ドライブに復帰。

以上ですっぴんのOSと生き残ったデータが復旧しました。残るは旧Windows98マシンから再度データをインポートして、必要なアプリケーションをインストールしたり、ダウンロードしたり・・・

こんなことで連休がつぶれていきます。あーあ。ToT

今回活躍してくれたのはNTFS Reader for DOSです。NTFSをDOS環境からアクセスできます。できることはNTFSを読み込み、FATボリュームやネットワークボリュームへコピーするだけなのですが、データのリカバリという点では大変役に立ちました。お試しあれ。

« ゆえあって・・・ | トップページ | リモートデスクトップ接続 »

コメント

災難でしたねー。
しかし最近のHDDは寿命が妙に短い気がしませんか?
僕も最近、自宅PCのHDDが突然死(認識すらしない)、職場の端末の奴はIOエラー出まくりで慌てて交換しました。
ところで、Unix系OSに抵抗がなければ、ブートレコードが飛んで起動しなくなったときなんかは FD-Samba http://www.samba.gr.jp/project/fdsamba/ が重宝しますよ。起動しなくなったNotePCのデータをこれで救い出したことがあります。そのときはFAT32だったけど、NTFSも読めたはず。
#しかし最近はFDDのないPCも多いんだよね。。。
いまさらですが、参考までに。

高瀬さん、ご無沙汰しています。
実は後から1DVDリナックスを持っているのに気が付き、起動してみるとNTFSが読めました。

しかし、壊れた方のディスクはやっぱりマウントできず、単にマスタブートレコードが壊れたというより、ヘッドのシークがダメダメになったというような感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7658/1385392

この記事へのトラックバック一覧です: ファイル救出大作戦 from NTFS:

« ゆえあって・・・ | トップページ | リモートデスクトップ接続 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ