« Maximum Grooves / Coast To Coast | トップページ | ゆえあって・・・ »

2004.04.30

ネットワークブリッジ

これまで使っていたWindows98マシンをどうやってネットワークに接続しようかと考えていた。というのも家庭内LAN配線をデスクトップ用に一本しか準備していなかったからだ。ハブを買ってくれば済むことだが、そこまでしたくない。Windows XPマシンにはネットワークカードが2枚ささっているのでこれで何か出来ないか?と考えた。

一番最初に考えたのはプロキシサーバをWindows XPに導入することだ。しかしあまりお手軽とはいいがたい。
次はWindows XPをNATとして設定する方法。インターネット接続共有機能を使うのだ。「Windows 2000/Windows XPのICSを活用する」に設定方法が書いてある。しかし、ADSLルータにもすでにNAT機能があり、2段階にするのもちょっとなぁとかんがえていた。そこで見つけたのがWindows XPのネットワークブリッジ機能だ。これはWindows XPをネットワークブリッジとして利用できる機能だ。設定の方法は「ネットワーク ブリッジの作成」を参照。これなら簡単にセットアップできる。

手順は以下のとおり。

  1. Windows XPマシンの一方のLANポートをクロスケーブルでWindows 98マシンにつなげる。
  2. もう一方のLANポートを家庭内LANへつなげる。
  3. Windows XPのネットワークブリッジを有効にする。

元々Windows 98マシンが家庭内LANに接続されていたので設定の変更はまるで必要なく、ADSLルータのDHCPによってIPアドレスが割り振られ、今までのようにメールチェックやWEBブラウジングが出来た。Windows XPのこの機能は知らなかったががなんだか「棚から牡丹餅」みたいな感じでラッキーだった。

« Maximum Grooves / Coast To Coast | トップページ | ゆえあって・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7658/1385389

この記事へのトラックバック一覧です: ネットワークブリッジ:

« Maximum Grooves / Coast To Coast | トップページ | ゆえあって・・・ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ