« 続・年金問題を考える | トップページ | とらや、虎屋、トラヤ »

2004.03.07

Woody Herman and His Big Band / 50th Anniversary Tour

  1. It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)
  2. What's New
  3. Pools
  4. Blues for Red
  5. Conga
  6. Central Park West
  7. Fried Buzzard
  8. Epistrophy

Woody Herman: director, clarinet, soprano saxophone
Frank Tiberi: tenor saxophone
Dave Riekenberg: tenor saxophone,flute
Jerry Pinter: tenor saxophone
Mike Brignola: baritone saxophone
Roger Ingram: trumpet, flugel horn
Les Lovitt: trumpet, flugel horn
Mark Lewis: trumpet, flugel horn
Ron Stout: trumpet, flugel horn
Bill Byrne: trumpet, flugel horn
John Fedchock: trombone
Paul McKee: trombone
Mark Lusk: trombone
Brad Williams: piano
Lynn Seaton: acoustic bass, electric bass
Jim Rupp: drums

Steps AheadのPoolsやCongaなどを取り上げているところが面白い。
<1>のスイングしなけりゃ意味がないは好きなアレンジのひとつ。大学生の頃、明治大学のビッグサウンズソサエティオーケストラに参加して山野ビッグバンドコンテストでソロを取らせてもらったことがある。

B0000006FW

« 続・年金問題を考える | トップページ | とらや、虎屋、トラヤ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7658/1385327

この記事へのトラックバック一覧です: Woody Herman and His Big Band / 50th Anniversary Tour:

« 続・年金問題を考える | トップページ | とらや、虎屋、トラヤ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ