« PCI Local Bus | トップページ | 続・年金問題を考える »

2004.03.05

年金問題を考える

週刊!木村剛厚生年金はネズミ講か? [コラム]という記事があったので、年金問題について考えてみる。

年金・・・老後の生活を支える保障の一つ。高齢になったときに働けなくなってもぎりぎり何とかやっていけるためのもの。しかし、実際には年金だけでは生活は難しい。だからといってないとそれはそれで不安だ。

厚生年金は会社に入ったときからずっと給与から天引きされているだかこれが結構引かれている。住民税や所得税に比べてもすっごく多い。さらに今年からだんだんと負担率が上がっていき、給付率もだんだん下がっていくのだ。しかも何で厚生年金だけなの~。取りやすいところから取っていく。自分たちの既得権益はまもったままなんて。

だいたい厚生労働省のやっていることはおかしなことが多すぎる。
厚生年金だって、雇用保険だって、給与からバンバン天引きできることをいいことにいったい何に使ってるんだろうか。特に腹立たしいのは「保養施設」とか「ほにゃらら会館」とかハードウェアに投資するのは本当に止めて欲しい。膨大な資金を投入して作った施設が、毎年赤字を出し、最後に1コインぐらいの値段で払下げられてしまう。

書けば書くほど腹が立ってくるが、
と木村氏も書いていらっしゃるが、本当にそのとおりだ。
厚生労働省も国土交通省もいいかげんな試算ばっかりしている。はじめからこういう結果が出て欲しいからそれにあわせてデータを集めているんだろう。そんなことをしたって結局は自分の子供たちの未来をダメにしているのがわからないのだろうか。

ところで、厚生年金は強制的に徴収されてしまうが、年金を収めていないのは1号(国民年金)の方がだよね(企業が厚生年金を納めていない場合は別として)。なんだか「自分に投資するほうがいいから払わない」とかのたまっていますが、NHKの受信料を払っていない人の言い訳と同じに聞こえてしまう。払わない人のモラルの問題もあるかもしれないが、どちらにしてもシステムが良くないからなんじゃないかなと思っています。

今読み返してみると結構乱暴なことを言っていると思うが、要するにそれだけ腹がたつ、ということなのでご容赦ねがいたい。

続・年金問題を考える

« PCI Local Bus | トップページ | 続・年金問題を考える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7658/1385323

この記事へのトラックバック一覧です: 年金問題を考える:

» 日本が危ない:年金の危機 まとめにかえて [すばらしき新世界]
提案への若干の補足的・蛇足的説明 今回の改革によっても、年金制度は、破綻を回避す [続きを読む]

« PCI Local Bus | トップページ | 続・年金問題を考える »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ