« Louie Bellson and His Big Band | トップページ | 吉井怜 »

2004.02.18

手放せないTool / Peggy

私はプログラマを生業としているのでテキストエディタは必須だ。テキストエディタにもトレンドが在ってプログラマを始めた頃は開発環境はMS-DOSでMEGASOFT®MIFESが当たり前だった。その後VZエディタという強力なエディタが登場したが、手に馴染んだMIFESのキー配置を捨てることは出来ずMIFESを使いつづけた。

その後Windowsへと環境を移した。Windowsのアプリケーションはどれも同じキー操作でテキストを編集できるようになっている。このキー配置を憶えてるとテキストの編集は結構楽になる。さて、Windowsで動作するテキストエディタを選びはじめた。当然候補はMIFES for Windowsだった。しかし手に馴染んだMIFESのキーバインドは逆に邪魔をした。Home、 Endキーの再定義が出来ないのだ。Windowsでは行頭・行末へカーソル移動としてバインドされているがMIFES for Windowsはヘルプに割り当ててある。カーソルと行頭へ移動しようとHomeキーを押すたびにヘルプが起動するのである。それにツールバーのデザインもいまいちだった。結局MIFES for Windowsの使用を諦めてしまった。(もちろん最新バージョンはもっと良くなっていると思う。これはWindows 3.1がリリースされた頃のことだ。)

その後、Microsoft Visual C++の統合環境をテキストエディタとして、使用してきた。これは結構良く出来た環境だ。ソフト自体はヘビー級だが、一度立ち上げてしまうと閉じることが無いのでストレスを感じたりはしなかった。ファイルのコピーや削除もファイルオープンダイアログのなかで出来てしまう。カラー構文エディタも素敵だ。ヘルプも充実しておりライブラリのリファレンスも簡単に参照できる。このエディタから離れられなかった。

しかし、現在はというとアンカーシステムズPeggyProを使用している。職場で使用しているエディタだ。このエディタは凄い。Windowsを使い続けている限りこのエディタを使いつづけるかもしれない。このエディタの気に入っている点は次ぎのとおり。

カスタマイズ自由なカラー構文。
どんな新しい言語でも定義ファイルを自作すれば色つきで表示される。

外部ツールの簡単起動。
MAKEなどのツールを起動することが出来き、その出力を実行結果Windowsに出力してくれる。エラーメッセージなどはF4キーを押すとその場所にジャンプしてくれる。これによって統合環境に負けない環境になる。

テキストファイルの簡単比較。
二つのテキストファイルをDIFFによって比較し、異なるところを色分けで表示してくれる。もちろん差分をお互いにコピーしたり、そのまま編集することも可能である。

CVSに対応。
バージョン管理システムCVSに対応していることにより、以前のバージョンとの比較が簡単に出来てしまう。その際、上記のテキストファイルの簡単比較の機能を使用できるので、古いバージョンを見ながら新しいソースを手直ししていくことが出来る。

スクリプト言語を用意。
MocaScriptというスクリプト言語をサポートしており、いろいろな機能を追加できる。

ファイルからのテキスト検索。
ハードディスクにあるファイルからのテキスト検索もメニューから簡単に出来る。

アウトライン解析。
C/C++言語のプログラムを解析してソースコードをブラウズしやすく出来る。

テンプレートファイルのサポート。
新規ファイルを作成するときにテンプレートを使用することができる。テンプレートファイルはテキストファイルなので自由に作成できる。

いろいろな漢字コード、改行コードに対応。
Shift JIS、JIS、EUC、UTF-7、UTF-8、Unicodeに対応しどのテキストでもほぼ自動的に判別して表示しくれる。漢字コードを指定して保存することもできる。改行コードもCR+LF、LFのみ、CRのみを指定できる。これはHTMLを記述する場合や、HTMLソースを参照する場合に便利である。

その他盛り沢山なのだがよく出来ていると思う。まさに手放せないToolなのだ。LinuxなどPeggyの利用できない環境に移行しない限り使っていくだろうと思われる。


さらに良いことにはフリーウェア版のPeggyPadもあるのだ。

あんまり誉めてばかりだといけないので不満な点を上げると、


  • 少し遅い。多分カラー構文を正規表現でやっているからだと思うがファイルが大きくなると遅くなる。
  • バイナリファイルの編集モードがあればいいな。
  • CVSリポジトリ内の任意のリビジョンとの比較が簡単に出来るとうれしい。

ぐらいかな。

« Louie Bellson and His Big Band | トップページ | 吉井怜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7658/1385298

この記事へのトラックバック一覧です: 手放せないTool / Peggy:

« Louie Bellson and His Big Band | トップページ | 吉井怜 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ