« argv[argc]は使っても良いか? | トップページ | YEBIS、復活の日はいつ? »

2004.02.24

Steps Ahead / Steps Ahead

  1. Pools
  2. Islands
  3. Loxodrome
  4. Both Sides of the Coin
  5. Skyward Bound
  6. Northern Cross
  7. Trio (An Improvisation)

Michael Brecker: tenor saxophone
Peter Erskine: drums
Eddie Gomez: bass
Mike Mainieri: vibes, synthivibe, marimba
Eliane Elias: piano

ステップスが世界進出した最初のアルバム。すでにStepsというグループが存在したためSteps Aheadと改名された。メンバーはSteve Gaddにかわり、Peter Erskineが参加。そしてDon Grolnickは曲を提供するのみで、ピアノにはEliane Eliasが参加。ジャケットにintroducing Eliane Eliasとあるので彼女も世界進出の第一歩なのかもしれない。

音楽の内容としてはStepsの頃の音楽を踏襲している。曲はElianeを除き全員が曲を提供しており、演奏も非常に完成度の高いものになっていると思う。このアルバムを代表するのはやっぱり<1>Poolsだと思う。今は亡きDon Grolnickの作品で彼の初リーダー・アルバム"Hearts and Numbers"やLive Under The Sky'89のsaxophone workshop、さらにWoody Harmanのビッグバンドでも演奏されている。展開後のMichaelのsoloの盛り上がりもいい。

このアルバムは日本では発売されていないので輸入盤を手に入れるしかない。
B000007443
B0001K2KA2

« argv[argc]は使っても良いか? | トップページ | YEBIS、復活の日はいつ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7658/1385304

この記事へのトラックバック一覧です: Steps Ahead / Steps Ahead:

« argv[argc]は使っても良いか? | トップページ | YEBIS、復活の日はいつ? »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ